アセトアルデヒド分解 薬

アセトアルデヒド分解に効果を発揮する薬はあるの?

楽しい飲み会でついついお酒がすすんでしまって「飲み過ぎたな・・・」と後悔してしまうようなことがある方もいらっしゃることでしょう。お酒は適量にとどめることが出来れば、コミュニケーションを潤滑にしたり、食事をより美味しく感じさせたり、お酒そのものがとても奥深いものであったりして、非常に楽しいものとなります。

 

しかし飲み過ぎれば体調を崩したり、翌日の仕事にまで影響が出てしまうのが恐ろしいものですよね。お酒を愉しむからには嫌な気分になることなく量を節制するのが一番ですが、どうしても二日酔いになってしまった時に効くような薬はあるのでしょうか?見ていきましょう。

 

アセトアルデヒド分解に利く薬はあるの?

どんなにお酒に強い人でも許容量を越えて飲酒すると吐き気や頭痛に襲われ、最悪の場合は翌日までその辛さを持ちこしてしまいます。いわゆる二日酔いという状態です。

 

アルコールは体内に入ると肝臓で分解されるのですが、その際にアセトアルデヒドという成分に分解されます。このアセトアルデヒドは人体には有害なため徐々に体外へ排出されていきますが、その速度は人によっても差があり、体内にアセトアルデヒドが滞在してしまうといわゆる二日酔いと呼ばれる不調を引き越します。

 

アセトアルデヒドはアルデヒド脱水素酵素という酵素によって無害なものへ分解され、排出されていきます。二日酔いになりやすい人となりにくい人はこのアルデビト脱水酵素の働きに起因しており、特に日本人はこの分解酵素が弱い人が多いとされています。

アルデビ酵素の働きを高めるサプリメントを使う

アルデビト分解酵素は生まれ持った体質によってその活発さが決まっているため、たくさんお酒を飲んで強くなるというとは基本的にはありません。もしあなたが二日酔いに悩んでいるのであればサプリメントを試してみるのが良いのではないでしょうか?

 

調べてるとアルコールの代謝をより効率化するためのサポートをしてくれるサプリメントは多数発売されています。れらのサプリメントはアルコールの代謝に必要な人体の機能を高めてくれる成分が配合されているようです。

 

たとえばナイアシンはアセトアルデヒドの分解に際してアルデヒド脱水素酵素のサポートをしてくれる成分です。レバーや魚介類に多く含まれますが、意識しないと意外と欠乏しがちです。この成分をサプリメントで十二分に補うことは二日酔い対策として十分な効果を持つと言えるでしょう。

 

また昔から民間医療としても肝臓に効くとされていたウコンに含まれるクルクミンなどもサプリメントとして摂取できる成分です。クルクミンは肝臓の機能を全体的に強化してくれると考えられている成分で、実際に二日酔い対策として使用しているという方も多いかもしれません。

 

 

アセトアルデヒド分解に特攻薬のようなものは基本的には存在しません。二日い酔いのメカニズムはまだまだ解明されていない部分も多く、薬で治療することが難しいからです。

 

しかし一つ言えることはアルコールの分解には体内で様々な成分を使用して行われる非常にエネルギーを要する作業で、それに必要な成分をサプリメントなどを経由して補給することはアルコール分解にプラスに働きます。日頃から不足しがちな栄養素のあるある方であれば二日酔いを軽減させることにも繋がることでしょう。

 

では薬などに頼ることなく、そもそも二日酔いにならないために、もしくは二日酔いを軽減するためにはどのような方法があるのでしょうか?

 

アセトアルデヒド分解を薬に頼らず促進するには?

アセトアルデヒド分解にはサプリメントなどが効果を表す可能性があることがわかりました。しかしそう都合よく二日酔いをキレイサッパリなくしてくれる薬などはあるはずもなく、やはり二日酔いにならないように酒量を調整する事も大切なことでしょう。

 

けれど時には飲み過ぎて二日酔いになってしまうことがあるものです。そんな時にサプリや薬に頼らずに二日酔いを軽減させるにはどのようなことに気を付ければ良いのでしょうか?

アセトアルデヒド分解をサポートする栄養をとる

まずはアセトアルデヒドを分解するために使われる栄養素を不足させることなく身体に取り込んでおくことが大切です。さきほど紹介したナイアシンやビタミン類、ミネラル類もアルコールの分解には欠かせません。

 

特に今日は飲むぞ・・・という日は特に栄養のある食事をして体調を万全にしてくことも二日酔い予防になるといえるでしょう。

水分をこまめにとる

酒に強い人ほど飲酒中に水を飲むのを避ける傾向にありますが、アルコールの分解には水分が必要不可欠。たくさん飲めばそれだけ水分が必要になります。

 

二日い酔いを軽減する意味でもこまめに水分補給をするようにしてください。二日酔いにならない人でも水分が慢性的に不足すると血液がドロドロになったりして非常に危険です。健康にお酒をずっと楽しむためにも注意したいポイントです。

乳製品で胃を保護

飲む前に乳製品などで胃を保護しておくことも効果的です。飲酒による体調不良は胃からアルコールが吸収されていく速度にも関係しています。急激に体内のアルコール濃度が上がると具合が悪くなりやすくなりますので、ゆっくりと体内に吸収させるためにも胃に膜を張ってくことは大切なことだと言えるでしょう。

 

また胃がアルコールで荒れてしまうことを防ぐことにもなります。

 

 

サプリメントなども良いのですが、お酒を飲むときのデメリットは二日酔いだけではありません。長い期間お酒を飲んでいると様々な不調が現れることがあります。これはお酒そのものよりも、お酒を飲むときのケアが出来ていないとでおこることも多いのです。

 

ぜひ酒を飲むときには最大限身体への負担を減らす努力をすることで、楽しいお酒にしたいものです。

 

アセトアルデヒド分解は薬用品の効果を薄める?

アルコールと薬が相性が良くないことは一般的に知られていることだと思いますが、これにはさまざま要因があると考えられています。

 

まずひとつには、アルコールを飲んだ時に薬を摂取すると、アルコールを分解するための酵素が薬によってうまく機能せず、アルコールが普段よりも体内に残りやすくなる場合があるということです。

 

また、アルコールを常飲している方はアルコール分解酵素と共に薬物を分解するための酵素もアルコールの分解に使われることになることが分かっています。そのため一部の薬を服用した際に、想定よりも早く薬が代謝されてしまい効果が得にくいということが起こる可能性もあります。

 

薬によっては効果を強く発揮しすぎてしまうものがあるなど、薬とアルコールを同時にとることにはさまざまな弊害が付いて回ります。日常的に何かの薬を摂取しているような方は必ず薬剤師さんなどに服用中にお酒を飲んでも良いのか、どんな副作用が考えられるのかを聞いてからお酒を飲むようにしてください。

 

お酒はほどほどに・・・飲むときはサプリメントに頼るのもアリ

お酒を飲み過ぎて辛い・・・そんな状況を一瞬で打破してくれるような薬は存在しないと言えるでしょう。そもそも薬品とアルコールは相性が良くないわけですからアルコールによるダメージを薬で軽減しようとするのが間違いとも言えるでしょう。

 

どうしてもという時はアルコールの分解を助けてくれるサプリメントを飲むようにしましょう。そして何よりもお酒はほどほどに、飲んでも飲まれるなを徹底していきたいものです。